内部統制システムに関する基本方針

 ホクレン情報サービス株式会社では、『IT(情報技術)を通じ、ホクレンおよびホクレングループの経営向上に貢献すること』を基本理念とし、すべての利害関係者からの信頼を得て企業価値向上を実現するために、「コンプライアンスの確保」「財務報告の信頼性の確保」「経営の有効性および効率性の確保」および「資産の保全」に努め、事業活動を行う上で生じるリスクに適切に対応するため以下の内部統制システムを構築・整備し、運用します。


  1. 取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
  3. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  5. ホクレングループにおける業務の適正を確保するための体制
  6. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
  7. 取締役および使用人が監査役に報告をするための体制
  8. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
  9. 反社会的勢力による被害防止